営業職

世の中には、様々な仕事があふれていますね。
その中でも、最も仕事がきつく、そして企業の要となる職業は一体なんでしょうか?
わたしは考えるに、それは営業職につかれている方々だと思います。

営業経験のある方はわかると思いますが、営業という仕事は非常に大変です。
契約をとってくるのが仕事です。しかも、自分の給料だけ稼げがいいというものではありません。
自分を支えてくれる、間接部門の人間の給料も稼いでくる必要があります。
営業マンのとってくる契約が、会社の売上を左右するといっても、決して過言ではないのです。

そんな営業マンを少しでもサポートするため、最近の企業ではあるシステムを導入するところが増えています。
それが商談管理システムです。
営業をしていれば、必ずクライアントがついているはずです。
商談管理システムでは、そんなクライアント情報を記入することができ、商談の内容をしっかりと記録することができます。
また、これらを社内で情報共有することができるので、いろんな人からアドバイスをもらいやすくなっているのです。
企業が発展していくためには、一人の人間が情報を抱え込むのではなく、きちんと情報共有して、いろんな人からアドバイスをもらい、様々な角度からクライアントに対して対応することが大切です。
どんなにしっかりと商談管理していても、ひとりで情報を溜め込んでいては、新しい提案がしにくくなります。

提案力を広げるためにも、そして、企業としても強くなるためにも、情報共有できる商談管理システムを導入することは非常に大切ですよ。
今日は、そんな情報共有できるツールの紹介や、使い方についてお話していきましょう。

ぜひ、参考にしてくださいね!!

オススメ外部リンク

文書管理のことなら|ダイキンCOMTEC
ワークフローを利用するならASPサービスを活用してみてください。|J-MOTTO
営業のリアルタイムな情報共有を実現|eセールスマネージャー

category